読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dangkangの日記

主に日常,たまに研究と仕事について

2012年度の目標的なアレの結果

年度の終わりということで毎年好例の2012年度の目標達成度のチェック!コンテキストがわからないひとは以下のポストをご確認を.

http://dangkang.hatenablog.jp/entry/2012/04/02/120220

 

 

- 研究

 

1. 受賞 x 1 -> ○

> 作品もしくは論文で賞が欲しい.

 

Japan Institute主催のU-35 Creators Japanというコンテストで入賞いたしました.この賞は(僕の)作品ではなく,(僕という)人間に対する賞とのことです.また,デザイナではなくクリエイタということだそうです.

 

今後は,入賞者に対して再度選考があり,最終的に日本賞という賞が1-2名に授与されるとのことです.この賞がいただけると,多言語カタログを作成していただけるだけではなく,各国の美術館等に売り込みをかけてくれるようです.今後何か動きがあればこのブログで報告したいと思います.

 

2. ジャーナル x 1 -> ○

> いくつか仕込んではあるんだけれど.

 

ACM CIE(Computers in Entertainment)に採択されたものの年度内に出版ならず.4月号か,あるいは7月号かなぁ.

 

3. 国際会議 x 2 -> ○

> 筆頭著者で2本は欲しい...

 

CHI2012とTEI2013に共同著者として採択されたのでこちらも○.

でもやっぱり筆頭著者がいいので,2013年度はがんばります.

 

4. グラント x 1 -> ○

> いい加減2-3年程度のグラント取らないと研究が進まない.

 

こちらも3月のシンガポール出張から帰国後に採択通知が来ていたので○.2013年度はちょっと新しい研究がはじまりそうです.1年間の少額のグラントだけど,BOPxデザインパタン的な研究をする予定.まずはリサーチがてらCHI2013@Parisに参加してきます.

 

5. 著書 x 1 ->  △

> まずは,単著で電子書籍で出そうかと思っています.紙のほうは共著で着々と進行中...

 

共著の話は頓挫し,待望の単著(アジアにおけるイノベーション(仮))については2013年度中に脱稿できそうです.毎月1章(10,000字)書いて編集者の方にチェックしてもらう日々でございます.

 

- 仕事

 

6. Povie 10,000ユーザ -> △

> まずは無料化して,2バージョンくらい先まで計画済み.

 

最終的には10,000ユーザは超えたんですけどね,1月31日をもってサービス停止してしまったので元も子もないという始末.

 

7. Povie パートナー獲得 -> ☓

> こちらについては,目処が立っているといえば立っているので近日中に何かしら報告できるかもです.

 

例によってサービス停止したのでこちらもなし.システムは残っているので,BtoBとかの案件あればなにかやるかも… 

 

8. 新サービス x 1 -> ○

> Povie以外のアプリ,B向けのアプリなんかも考えていきたいです.

 

すでにいくつかの場所で告知をしていますが,KMDと株式会社i879からbouquetというサービスをリリースしました.ソーシャルフラワーギフトサービスです.僕はアドバイザとしてこのプロジェクトに参加しましたが,2人のKMDの学生がスポンサー獲得,サーベイ,企画,デザインまで担当してくれました.

 

Sikakeとしては現在動画関連のサービスを仕込み中です.

もう1件,とある縁から新しいスタートアップをお手伝いすることになりまして,現在6月の新サービスのローンチに向けて邁進中です.となる業界の解放がテーマです.

 

9. 個人事務所案件 -> ○

> 最近年齢的なせいか,コンサルやら企画開発やら個人事務所経由での仕事が増えてきた.

> これはいい傾向なので,頑張っていい仕事したいと思います.金額は色々とアレなので隠しておきます.

 

こちらもとあるご縁からおもしろい企画に関わることができています.2014年に正式オープンするとある施設および内部プログラムのコンセプトデザインを手伝っているのですが,その類の施設としても日本初であるし,日本のテックベンチャーからイノベーションを生み出すための趣向を凝らしたプログラムを用意しているので,正式アナウンスをお楽しみに.

 

- 共通

 

10. 月1リリース x 12 ->☓

> これは2011年から始めたんだけど,毎月なにかをリリースするってやつ.仕事の案件(ウェブサイト,ウェブアプリ)でも研> 究の案件(論文,作品)でもなんでも良いのだけれど.ちなみに2011年は11で微妙に足りなかった.

 

ここだけ年度ではなく年計算なんだけど,2012年は6でした.目標の半分だし,前年比-54%だし… 反省する一方で,仕込みの多かった年かもと言い訳… 

 

年度明けたら今度は2013年の目標をアップします.

 

それではごきげんよう.